ふくやまフォルテff

ff

tsuki_title04

sakurafubuki-line-01

month04_april

kyureki04_uduki

sak0050-024

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_t

flower1328 (1)

私たち日本人にこよなく愛されている花といえば、真っ先に、桜を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。その人気は日本独自の文化が発達したとされる平安時代以降高まり、和歌などで花といえばそれまでは梅のことでしたが、代わって桜を指すようになったのだとか。

日本を象徴する花としても、桜は菊と並んで国花のような扱いをされている花です。そのせいか、これまでにも紙幣や切手の図柄として度々登場しています。手元にある100円玉を確認してみれば、表には桜の花が描かれているはずです。

前置きが長くなりました。桜の季節といえば、春、お花見で盛り上がるのが4月。桜は4月を代表する花で、誕生花にもなっています。その桜ですが、例年なら4月に入って本格的な見頃を迎えるはずだったのに、今年は福山市内の至る場所で3月のうちに満開。冒頭の和歌ではないですが、開花したと思ったら短期間で盛りを過ぎてしまい、じっくりと眺める暇もないうちに色が褪せてしまった気がします。

既に散り始めてしまった桜を眺めながら迎える4月。それでも、やわらかい日差しの中、木々もいっせいに芽吹き、美しく心地よい季節にはなりました。ただ、決してありがたくない春の使者ともいえる黄砂の飛来が気になる季節でもありますが、大気汚染情報等を細かく確認し適切な予防を心がけましょう。また、花冷えの季節は気温の変化も著しく、油断して体調を崩さないようにお過ごしください。

小山オフセット印刷所

sak0059-024

flower5748

 

4border002

花だより

DSC08186

白木蓮<ハクモクレン> 春の陽気に一気に花がほころびました。<3.24>

 

DSC08188

明王院五重塔の傍に植えられた枝垂桜。太陽の光が当たりやすい上部から開花。

 

DSC08183

ここ数日、春らしい陽気が続いていますが、明王院参道にある桜は、蕾のまま。日曜日も開花は見られませんでした。<3.25>

DSC08199 2日後には一気に開花!

DSC08202 DSC08203

開花したと思ったら一気に満開。瞬く間にピークを迎えた今年の桜。<3.28>

 

2586

 

 

イ・ベ・ン・ト・情・報

08586bcb87621ab1e146ed950cc0ecdf

園芸センター

春の山野草展・盆栽展

4月20日<金>~22日<日> 午前9時~午後4時

山野草約100点と盆栽約60点の展示。販売や栽培相談も実施

お問い合わせ=地産地消推進課/084-928-1242

 

駅家公民館

ばら講習会

4月22日<日曜日>*午後1時30分~4時

ばらの世界を覗いてみよう!新苗(今年の接ぎ木苗)を上手に育てよう! 

お問い合わせ=福山明るいまちづくり協議会・協働のまちづくり課内/084-928-1051

flower1801

 

ふくやま美術館

春季所蔵品展

片山公一 福山を愛した洋画家

6月17日<日曜日>まで開催中

片山公一など福山に関わりがあった画家の作品を紹介

一般/300円 高校生まで/無料

マルク・シャガール<青い花瓶>初公開記念~4月15日<日>まで無料

お問い合わせ=ふくやま美術館/084-932-2345

若冲と京の美術

~京都 細見コレクションの精華~

4月14日<土>~6月10日<日>

前期/5月20日<日>まで 後期/5月22日<火>から

私の絵は千年後に理解される~という謎の言葉を残した江戸時代の天才絵師。生命の世界を極彩色と精密な筆致で描き「神の手を持つ男」と呼ばれた伊藤若冲<いとう・じゃくちゅう>。2016年には生誕300年を迎え、各地で記念事業やコレクション展示が開催され大盛況でした。近年、ますます人気の高まる若冲の作品を、福山で鑑賞できるまたとない機会です。

 

ふくやま書道美術館

~特別展~ 京の雅 伊藤若冲と近世の画家たち

4月14日<土>~6月10日<日>

18世紀の京都を代表する画家たちの作品を紹介

料金/一般600円・高校生まで無料

お問い合わせ=084-925-9222

 

189

 

<4月の暦> 4border004 

sakura-hanami-drive-400x400

 

 

 

4月1日はエイプリルフール・・・毎年4月1日には嘘をついてもよいという風習のこと。4月1日の正午までに限るとも言い伝えられています。

aprilfool002

 

 

 

4月5日は清明・・・すべてのものが生き生きとして清らかに見える、の意。二十四節気の一つ。4月5日ごろ。このころ、天地がすがすがしく明るい空気に満ちるという。

flower5670

4月8日は花祭り・・・ブッダ(釈迦)の誕生日。陰暦4月8日に、花御堂(はなみどう)に安置した釈迦像に甘茶を注ぎかける行事。正しくは5種の香水(こうずい)を注ぐ。仏生会(ぶっしょうえ)。誕生会。降誕会(ごうたんえ)。浴仏会。

 

4月20日は穀雨・・・穀物を育てる雨、の意。二十四節気の一つ。4月20日ごろ。穀物を潤す春雨が降る。

※二十四節気(にじゅうしせっき)=1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

 

4月29日は昭和の日・・・4月29日。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日。昭和天皇の誕生日。

flower1012