カテゴリー別アーカイブ: ふくやまフォルテ

ネットユーザー参加型

大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~

日本で初めてオリンピックに参加した男<金栗四三/中村勘九郎>と、日本にオリンピックを招致した男<田畑政治/阿部サダヲ>。この2人がいなければ、日本のオリンピックはなかった。ということで、この2人を主役に据えた今年の大河ドラマが始まった。◆クドカン<宮藤 官九郎/くどうかんくろう>が脚本を書く!もう、それだけで観る気満々、去年1年は大河ドラマ視聴を中止してずっと心待ちにしていたのだけれど。ま、去年は興味がなかっただけのことではあるが。◆大河ドラマは1年の長丁場。これを観続けるというのは時間もそうだが、根気が必要。作品がつまらないと時間を無駄にしてストレスだけ増やすことになる。一旦見始めると、惰性で引きずられて抜け出せないのよね。◆視聴の決め手になるのは、一に脚本、二が主演もしくは出演者、三は素材? 主演が内野聖陽で観た風林火山、厳島神社&平家物語で惹かれて平清盛、脚本家<森下佳子>で選んだおんな城主直虎。私がこれまでの大河で積極的に視聴する気になったのがこんなところ?◆結果は風林火山なんて最初の勢いが消えてしまい、風と共に散りそうだった。平清盛は最高にハマった。藤本有紀が手掛けた脚本と主演の松山ケンイチが素晴らしくて、毎回、リアルタイムでテレビ画面に釘付け。視聴率こそ記録的に低かったようだけれど、コアなファンは未だにこの大河のことを語り草にしている。◆直虎も脚本のよさが光っていた。平清盛と拮抗するくらい好きな大河だ。結局、平清盛も直虎も、脚本と役者たちの波長がぴったりで、熱意の伝わる素晴らしい大河に仕上がっていった・・・のだと個人的には思う。◆素材となる清盛と直虎を知名度だけで比較すると雲泥の差。それぞれの立場の難しさもあり、面白さもありというところ。結局、つくる人たちの技量と熱意の問題ね。◆というわけで、今回のいだてん・・・果たして?◆そうそうたる顔ぶれ、主役級の役者を湯水のごとく使っているって感じなのだけれど、なんで、ビートたけしなのよ。彼の出演が決まって、本気で視聴を躊躇した。◆案の定、思いっきり、そのまんまたけしのまんまのご登場。本物の役者たちが身を削って役づくりをしているのに、台無しになるよ。破壊力、半端ないわ。心底、がっかり。◆でも、全体的に文句なく面白い。主役の登場のさせ方が秀逸だった。もう、あの場面だけで感動的。期待しています、いだてん

コメントあり